Tel:072-949-4661受付:8:30~17:30 休業日:土日祝
| ニュース | 展示会情報 | アクセス |

沿 革

HOME > 会社情報 > 沿 革

マツモト機械株式会社・会社案内動画(沿革紹介部分)



【創 業】
1961年
・松本酸素工業株式会社鉄工部として発足、ターニングロール・ターンテーブルを製造販売する。
1962年 ・ポジショナー、溶接専用治具機械、乾燥器の販売開始。
【設 立】
1964年
・東大阪に移転、(株)松本機械製作所として分離独立し、松本文子が取締役社長に就任。
・小型ポジショナーを開発、販売を開始する。
1967年 ・エアークランプシーマを開発。
1969年 ・大阪府八尾市に新築移転し、社名をマツモト機械株式会社と改める。
・専用溶接治具機械用、共通部品機器の標準化に着手、コンパクトウィーバーその他を開発。
1973年 ・大型機械組立工場を竣工。
・センターブーム方式のウェルディングマニプレーターを開発。
1974年 ・溶接連動制御盤の標準化に着手。
・カナダ・ガルコ社との技術連携、コンパクトウィーバー、小型ポジショナーの対加、米輸出開始。
1976年 ・本社工場ビル、第2大型機械・工場を竣工。
1977年 ・自動溶接治具機械のローコスト化をはかり、トータルマック方式を標準化。
1978年 ・組織をグループ制に改め、効率化を図る。
・アルゴンアークカッター販売開始。
1980年 ・ロボット関連機器の開発に着手。
1981年 ・定電流式パルスMIG溶接機(ベスタ)を開発、販売開始。
1983年 ・東大阪工場完成に伴い、標準製品の一部を移転する。
・ミニオープンチャックの発売を開始する。
1984年 ・ロボット周辺機器の一つとしてロボメイトを開発。
1986年 ・東京営業所を開設。
・知能ロボット「マックエース」発表、販売を開始する。
・スーパーガイドを販売開始する。
・グループを等配分し、事業部制に改める。
・抵抗自動溶接装置や省力化の専門機械を製作するグループ会社として、マツモトメック株式会社を設立。
1987年 ・岡田晴美が代表取締役社長に就任。
・冷却水循環装置「ストリーム」を開発する。
1988年 ・鉄骨仕口専用溶接ロボット「シグチロボ」を開発する。
1989年 ・タングステン研磨機「タントギ」を販売する。
1991年 ・千葉市に東京テクニカルセンターを開設する。
・サイコロ専用自動溶接装置「両頭コラムロボ」を開発。
1992年 ・マツモトメック株式会社と合併。
・「シングルコラムロボ」を開発する。
・鈑桁スティフナーロボットシステム「マッコムⅡ」を川崎重工業(株)と共同開発する。
1993年 ・固定配管自動溶接装置「チューブウェルダー」発表、販売を開始する。
・冷却水循環装置「ストリームジェントル」を販売する。
1995年 ・溶接走行台車「すみっこⅠ型」を発表、販売を開始する。
・大津哲範が代表取締役社長に就任。
1996年 ・溶接キャリッジ「MAKO」シリーズを開発、販売を開始する。
1998年 ・レーザースキャニングセンサー「イメージ・アイⅡ」を開発する。
・CNCパイプ自動切断装置「PCM」シリーズの販売を開始する。
・中国・北京で開催された「Beijing Essen Welding ’98」に出展する。
1999年 ・溶接ヒューム回収装置「ジェントルエア」を開発、販売を開始する。
・溶接ロボットシステム「ポジロボ」を発表、販売を開始する。
2000年 ・冷却水循環装置「ストリームジェントル MP‐250」を発表。
・ワイヤW矯正挿入器を開発、販売を開始する。
2001年 ・ワイヤ切れ検知器およびワイヤ量検知器を開発、販売を開始する。
・取締役部長・大島俊二がIIWのIWE資格を取得する。
2003年 ・ペールパックワイヤ送給補助装置「お助けマン」を開発、販売を開始する。
・タングステン研磨機「タントギ キューブ」の販売を開始する。
・中国天津市に現地法人「天津松本机械」を設立する。
・千葉市に東京工場(旧東京テクニカルセンター)を新築し開設する。
・竹本政之が代表取締役社長に就任。
2004年 ・汎用直線溶接ロボット「スライダーマン」を開発し、販売を開始する。
・EV3軸ポジショナー「鉄人」を発表、販売を開始する。
・全ての機械設計に三次元CAD(30台)を導入する。
2005年 ・マツモト産業グループ完全連結決算により、決算月を9月から3月に変更する。
・全国展開に向けて5月より中部工場本格稼動。
・八尾本社工場に最新のYAGレーザシステムを設置。レーザラボの開設。
2006年 ・プッシュ・プルワイヤ送給システム「フィーダーマン」を開発し販売を開始する。
2008年 ・八尾第2工場を竣工する。
2009年 ・白石春海が代表取締役社長に就任。
2011年 ・グループ会社マック株式会社がマツモト機械に統合され、「マツモト機械(株)マック事業部」としてスタートする。
・鮎川伸悟が代表取締役社長に就任。
2012年 ・浜松市北区に中部工場が移転。
・中国佛山市に現地法人「佛山松元机械」を設立する。
2015年 ・勝原実が代表取締役社長に就任。
・浜松市北区に中部工場を新設し開設する。
2016年 ・三菱日立パワーシステムズインダストリー㈱より、固定管自動溶接機「パイプエース」及びホットワイヤ電源「パワーアシスト」の技術移管を受け、販売を開始する。
会社情報

製品情報

パイプエース・パワーアシスト

パイプエース・パワーアシスト

回転治具機械

回転治具機械

直線装置・走行台車

直線装置・走行台車

トータルマック(汎用自動溶接システム)

トータルマック
(汎用自動溶接システム)

溶接関連機器

溶接関連機器

ロボットシステム

ロボットシステム

特殊自動溶接装置

特殊自動溶接装置

金属加工機(切断・穴加工)

金属加工機(切断・穴加工)

研削・切削工具

研削・切削工具

データサービス

データサービス
(カタログ・取説・SDS)

↑ PAGE TOP